ラミネート加工でポスターの耐久性をアップ

ラミネートポスターについて

ラミネート加工とは、インクジェットプリンターを用いてプリントしたカラー写真もしくは画像の表面上に対しフィルムを貼り付ける作業の事を呼び行う事により埃や傷、色あせや_x0008_水から印刷物を保護する事ができます。

 

ポスターのラミネート加工2耐水性などを高める目的の他にも画質を変える目的でも使われる事が多く、つや消しの紙にプリントした場合に後から光沢を出した方が良いと判断された際には、フィルムで閉じるようにラミネート加工をすればデザインに光沢感が与えられます。

一方既存の状態でデザインに光沢感があるものの、マットにした方が落ち着いた印象になって良いと判断されたのなら、つや消しが行われたフィルムを採用して加工すればデザインに光沢感が無い様子に変更可能です。

そうしたラミネート加工とは一言で言っても様々な種類に分類されており、ホットラミネートとコールドラミネートに分けられます。

スポーツジムの登録証やクリニックの診察券などはラミネート加工が実行済みである上に、ホットラミネートで施行されている事になります。

その名の通り高温を与える事によりフィルムをあえて溶かしてしまい、粘度が高くなった時の粘着性を利用して対象のカードなどをカバーして加工を行います。

最も大勢の人々にとって馴染みが深いタイプであり、表面と裏面の両面を覆う事から耐水性はもちろん耐久性にも優れていて、糊の効能も相まって硬い手触りに完成します。

一方コールドラミネート加工とは利用する機器が大型になるのが特徴の一つでもあり、同じく呼び名からもわかりますがホットラミネート加工とは違い高い熱を必要としません。

ただしそのままでは二つに分かれている物同士を密着させる事は不可能なので、フィルムに糊を塗布して付け合わせるという単純明快な方式です。

構造としては上から透明なシールを貼り付けるような様相になり、加工を実行するのは片面に限られるので熱を加える方式に比較すると柔軟に仕上がります。