選挙ポスターをデザインするときのポイント

選挙ポスターをデザインするときのポイントですが、次の三点を意識したいところです。最初のポイントですが候補者の名前と顔を覚えてもらうことが絶対不可欠です。候補者の名前を最終的に投票所で記入してもらうことが勝利の条件となります。いくら個人のイメージアップが出来たとしても、政治家の顔と名前を有権者に正しく伝えなければ意味がありません。

 

候補者の名前を覚えやすく

候補者の中には少し氏名にインパクトがなかったり、そもそも苗字や名前が読みづらい方がいらっしゃいます。デザイナーの方はその点を意識して、読みづらい部分はあえて平仮名に変えたり、名前にインパクトが足りないなら文字サイズをビッグにアレンジするなどの対策を講じましょう。顔と名前がバランス良くレイアウトされている事も大切です。顔と名前を自然に列挙する事で、有権者の潜在意識に上手くPR出来ます。

ポスターデザインで誠実さとインパクトを

選挙ポスターデザインの第二のポイントですが、誠実さとインパクトを演出する事です。最近の選挙は非常に候補者や政党が増加してきており、いわゆる無党派層の方からすると、地元の選挙区だったとしても一体だれが立候補しているか、よく分からない環境になりつつあります。更に政治をめぐるスキャンダルが続出している事もあり、有権者はとにかく誠実な候補者を優先して選びたいという本音を持っています。

ポスターでは候補者が爽やかな印象を出すように工夫しなければいけません。笑顔はもちろんのこと、インパクトを重視しながらも無党派の人々にこの人物なら信頼できる、という印象を与える仕組みが必須です。

簡潔なキャッチコピーで強い印象を

第三のポイントですが選挙ポスターである以上、立候補者が訴えている政策についても明記しなければいけません。しかし無党派の人々を意識するなら、細かい政策の文章をただ羅列するよりも、デザイナーが候補者のマニフェストを熟読し、個人が唱える政策内容を短いキャッチコピーにまとめ、それをメインに選挙ポスターに掲載した方が効果的です。長すぎる文章は無党派の人々に届きませんし、キャッチコピー風のテキストの方がインパクトが出ます。