ポスターデザインを学びたいなら駅へ行ってみよう

駅はポスターの宝庫で様々なポスターが掲示されています。

インターネットでもポスターを見る事は出来ますが、実際に目の前で見るのと画面越しで見るのは雲泥の差がありますので、駅に行ってみることしましょう。

 

駅なら大手企業のポスターも多いので、勉強になる為、お勧めです。構内にももちろんポスターは掲示されていますが、改札口付近には大手企業のポスターも多いので、毎回構内に入る必要もありません。構内に入らない限りは費用もかかることがないので、安心です。駅はポスターの宝庫なので、同じポスターばかりではなく、多種多様な物を見る事ができるので、本当に勉強になるのでお勧めです。カラーやデザインの形状が違うものから材質が違う物まで幅広くあるので、ポスターに関する知識が深まります。自分では想像する事の出来ないような物を見つける事ができたりもするので、参考にもなって便利です。

数多くの物を見ることで、自分自身のポスターデザインをする技術や、構想力が高まりますので、多くの駅を利用して見るようにしましょう。駅に掲示されているポスターは駅ごとによって違う物がありますし、駅を運営している企業によっても違うポスターが掲示されています。自分の住んでいる地域だけではなく、幅広い地域の物を見ると地域ごとの差別化された物を見ることが出来るので、地域の特色を理解する事も可能です。

 

大手企業のポスターデザインは凝っているものも多い

地域にもよりますが、大手企業のポスターも多い地域を見ると凝ったデザインの物が多くて参考になります。企業別で考えた場合にも大手企業は数多くのデザイナーを起用しているので、様々なアーティストのポスターをみる事が出来るので、お勧めです。同じ企業の物でも時期が変わるごとに変化する事も多いので、時間をあけて駅で確認するようにしましょう。季節ごとに変化するポスターを見る事ができれば、四季を取り入れるデザインの構図を学ぶ事ができるので、独創的な物を作る事が可能です。