イベントの告知にはポスターが効果的

常にどこかの会場で催されているイベントは人が集まる事により成り立っているので、安定的に人集めをするためにはできるだけ大勢の人々にイベントが催される事実を知って頂く必要があります。

ポスターは訴求物としてコスパが良い

そのために最も良い訴求方法は屋外広告物としての代表格であるポスターであり、大きな紙面にポスターデザインを施し人通りが多い箇所に貼り付ける方法がインターネットが発達した現代においても効果的です。

言わずもがなインターネットの方が見て頂ける人数が多い上に、貼り付けてある特定の場所に足を運ばなくても、手元のスマートフォンやコンピュータで見られるのですが、それはあくまでも既に催される催し物を個々が理解している場合に限られます。

つまり、インターネットというのは個々が感じている事や考えている事を思い思いに検索し情報を集めるという手段なので、そもそもイベントが開催される事すら知らない方にとっては知る由もありません。

 

イベント宣伝ポスター2

幅広い層にPRするのにポスターは使える

一方ポスターデザインは特定のビルの壁面や柱といったように、その場から動く事はできないものの、絶え間なく通り過ぎている通行人から非常に高い確率で目に留めてもらえるので、きっかけを与える事が可能になります。

そのようにきっかけを与えるというのは大変重要性が高い事であり、情報化社会だからこそ少しでも琴線に触れるとインターネットで検索してもらえるので、周知させたいサービスや製品の詳細を理解して頂けます。

よくインターネットとポスターデザインは対峙する存在と扱われる事が多いのですが、大きな紙面の屋外広告できっかけ作りをした後に気になった方は、ウェブサイトで詳しい情報を引き続き入手して頂くという兼ね合いも行えます。

そうした様子から現代のように社会がIT化した今日では、ますますポスターデザインはシンプルで単純明快にするのがセオリーになっており、大きな紙面をいっぱいに使い雰囲気を伝えるように徹して、まずは通行人にジャンル分けをしてもらうのが良いです。

ロゴマーク 作成

アイコン/シンボルマークの依頼

選挙ポスターの制作

各種ポスターデザインと印刷

デザインの依頼

広告や宣伝媒体の企画制作

選挙ポスターをデザインするときのポイント

選挙ポスターをデザインするときのポイントですが、次の三点を意識したいところです。最初のポイントですが候補者の名前と顔を覚えてもらうことが絶対不可欠です。候補者の名前を最終的に投票所で記入してもらうことが勝利の条件となります。いくら個人のイメージアップが出来たとしても、政治家の顔と名前を有権者に正しく伝えなければ意味がありません。候補者の中には少し氏名にインパクトがなかったり、そもそも苗字や名前が読みづらい方がいらっしゃいます。

ポスターデザインを学びたいなら駅へ行ってみよう

駅はポスターの宝庫で様々なポスターが掲示されています。 インターネットでもポスターを見る事は出来ますが、実際に目の前で見るのと画面越しで見るのは雲泥の差がありますので、駅に行ってみることしましょう。 駅なら大手企業のポスターも多いので、勉強になる為、お勧めです。構内にももちろんポスターは掲示されていますが、改札口付近には大手企業のポスターも多いので、毎回構内に入る必要もありません。構内に入らない限りは費用もかかることがないので、安心です。

ポスターは直射日光を避けて掲示しよう

どんなにできの良いポスターデザインであっても、直射日光に当たるところに飾っておけば、色あせるのは必至ですから、せっかくのものが時間の経過とともに効果がなくなってしまいます。原因は紫外線はインクを退色させることにあり、どんなに高価なインクであってもこれを防ぐことはかないません。そのまま展示したりしておけば、見た目も悪くなり、商品イメージや企業イメージも悪くなるので、販促効果が下がるばかりでなく、悪い影響が出ること必死です。

ラミネート加工でポスターの耐久性をアップ

ラミネート加工とは、インクジェットプリンターを用いてプリントしたカラー写真もしくは画像の表面上に対しフィルムを貼り付ける作業の事を呼び行う事により埃や傷、色あせや_x0008_水から印刷物を保護する事ができます。 ポスターのラミネート加工2耐水性などを高める目的の他にも画質を変える目的でも使われる事が多く、つや消しの紙にプリントした場合に後から光沢を出した方が良いと判断された際には、フィルムで閉じるようにラミネート加工をすればデザインに光沢感が与えられます。